読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〇●ワンシャカブログ●〇

2009年から旅に出て、タイに辿り着いたのは2011年2月1日。 出身は札幌市。 行ってみたい場所を選ぶ事が難しかったので、当時一番安い国外行き航空券を探したところLA,USAであった。 思えば、子供のころから自分の事に関して漠然としているな。 漠然と海外に憧れ、海外への旅を決定した時も、そして今もいつでも漠然としている。 いつでも、自分の感覚だけをたよりに生きてきた結果、こうなったという軌跡を、タイに来てめぐり合った相方ワンシャカさんを参考にして綴ってみようと思った。

The reason that I have arrived in Thailand⑧ Chiangmaiの日々

タイランド

タイに来てからも旅生活は続いていた。

とりあえずナオコの彼氏であるタイ人オポーのおうちに居候させてもらう事になった。

チェンマイの旧市街の左上の方にある大きな一軒屋で、入り口でカフェを営み、母屋の風通しの良い広間でイギリス人が謎の会社をオポーと共同経営している。

f:id:mangetsuyama:20160629125256j:plain

カフェ。

手前がナオコとオポー。

奥にイギリス人のポール。と愛人?

その片隅にある一部屋を借りた。

ただ、ナオコとオポーがスイートホームを隣に別に借りて移り住んだ為、自分がココに居る理由が微妙となり、居心地が悪くなってきた。

それでもバイクを借り、待ちをウロウロしたり、インドで買ってきた布でワンピースを型無しで作ってみたりとコツコツ楽しんでいた。

 

ある日、ヴィパッサナーで一緒だったスペイン人のイニャキがスペイン人友だちを連れて会いに来てくれた。

陽気なスペイン人の集まりでなんだかとっても楽しかった。

f:id:mangetsuyama:20160629125316j:plain

左手前がイニャキ、奥の男の子の名前が出てこない~。

右奥がその男の子の母。そしてナオコ、わたし。

で、サンデーマーケットの中でご飯中。

f:id:mangetsuyama:20160629125357j:plain

明るいうちからビール。

左奥がパブロだったかな。

 

f:id:mangetsuyama:20160629125452j:plain

親子。

バイクで走りながらおいおい泣き始めたのでビックリした。

聞けば、息子は一人旅をしていたが、この子の20歳の誕生日で、母親が訪ねてきたそう。

20年前、お腹にこの子が居た時に母はこのChiangmaiに居たらしい。

なんとステキな話だ。ちなみにこの親子はスペインのイビザに住んでいるという。

ヨーロッパ人ってどうなってるのと思う瞬間だ。

 

みんなでドイステープに行った。

バイク二人乗りで3台かな。

下はドイステープを通り越した森の中。

f:id:mangetsuyama:20160629124558j:plain

入り口のスピリットハウス。

 

f:id:mangetsuyama:20160629124730j:plain

f:id:mangetsuyama:20160629124648j:plain

ヨーロッパ人って遊び方が上手だと思う。

 

f:id:mangetsuyama:20160629135529j:plain

松脂みたいなものに顔が映ってるって写真。

 

 

f:id:mangetsuyama:20160629124703j:plain

変わった葉っぱ。

写真が残ってなかったけど、食虫植物ラフレシアの子供がいた。

 

f:id:mangetsuyama:20160629124624j:plain

中にあったスピリットハウス。