〇●ワンシャカブログ●〇

2009年から旅に出て、タイに辿り着いたのは2011年2月1日。 出身は札幌市。 行ってみたい場所を選ぶ事が難しかったので、当時一番安い国外行き航空券を探したところLA,USAであった。 思えば、子供のころから自分の事に関して漠然としているな。 漠然と海外に憧れ、海外への旅を決定した時も、そして今もいつでも漠然としている。 いつでも、自分の感覚だけをたよりに生きてきた結果、こうなったという軌跡を、タイに来てめぐり合った相方ワンシャカさんを参考にして綴ってみようと思った。

タイランド

scrapbook of my daily life

私は物事の整理がとても苦手であると思う。 最近、自分の携帯を確認すると、1700枚以上の写真が保存されている事に気付いた。 今流行のCrowd的な物にはまだ付いていけていない。自分のプライベートを全て自分の知らない空間に預けているような気分なので、お…

The reason that I have arrived in Thailand⑪ Kho Phanghan

無事ライセンスを取得できたけど、そういえば定住していない身だったのでライセンスの送付先を実家にしてもらったが、到着しなかった。 どうなったんだろうな。 んで、またスペイン人達に流されて、今度は隣のKho Phanghanへ。 彼ら曰く『パーティ』がたくさ…

The reason that I have arrived in Thailand⑩ Kho Tao

続いて、「島へ行こう」スペイン人達の勢いに流されるがままに今度は南へ向かう事になった。 夜行バスで明け方カオサンに到着。 スラタニへの長距離バス出発へ向かう。 日が出てきて疲れもピークでハイになってきた。 パブロのヒザ。 Crazy Horseで調子に乗…

The reason that I have arrived in Thailand⑨ 暴れ馬

ちなみに、彼らスペイン人のタイに来た理由はロッククライミングだった。 Krabiで登り倒し、ChiangmaiのCrazy Horseへ行くためだった。 カリビアンをレンタルし、荷台に隠れながら目的地へ向かった。 彼はロロ。 一番年長で落ち着きがあるスペイン人だった。…

The reason that I have arrived in Thailand⑧ Chiangmaiの日々

タイに来てからも旅生活は続いていた。 とりあえずナオコの彼氏であるタイ人オポーのおうちに居候させてもらう事になった。 チェンマイの旧市街の左上の方にある大きな一軒屋で、入り口でカフェを営み、母屋の風通しの良い広間でイギリス人が謎の会社をオポ…